MENU
  • 2022/11/30
    膜蛋白質高次機能構造生物学寄付研究部門を開設
    2022年10月1日、明治ホールディングス株式会社からのご寄付により、寄付研究部門「膜蛋白質高次機能構造生物学」を開設しました
  • 2022/11/30
    染色体の中で折りたたまれたDNAから遺伝情報を読み取る仕組みを解明! ――リンカーヒストンH1による転写伸長制御機構を解明――(クロマチン構造機能研究分野)
    クロマチン構造機能研究分野の平野里奈 特任研究員、胡桃坂仁志 教授らの研究チームは、理化学研究所生命機能科学研究センターの江原晴彦 研究員、関根俊一 チームリーダーとの共同研究で、RNAポリメラーゼIIが、リンカーヒストン(H1)により折りたたまれたDNAの遺伝情報を読み取る仕組みを解明しました
  • 2022/11/08
    クロマチン構造機能研究分野 畠澤卓 特任研究員、赤津綜隆さん(D1)、大石匠美さん (M1)が令和4年度新学術・学術変革領域A合同「若手の会2022」にて優秀発表賞を受賞
    クロマチン構造機能研究分野 畠澤卓 特任研究員、赤津綜隆さん(D1)、大石匠美さん(M1)が新学術・学術変革領域A合同「若手の会2022」にて優秀発表賞を受賞しました
  • 2022/11/08
    ゲノム再生研究分野 小林武彦教授、飯田哲史元助教の共著論文が日本遺伝学会誌「Genes & Genetic Systems (GGS)」優秀論文賞2022を受賞
    ゲノム再生研究分野の小林武彦教授、飯田哲史元助教の共著論文が日本遺伝学会誌GGS優秀論文賞2022を受賞しました
  • 2022/11/08
    世界初・ゲノムDNAを巻き取る新しい基本単位H3-H4オクタソームを発見 ――染色体疾患の理解に新概念を提唱――(クロマチン構造機能研究分野)
    クロマチン構造機能研究分野の野澤佳世 助教(現:東京工業大学 准教授)、滝沢由政 准教授、胡桃坂仁志 教授らの研究グループは、ヒト由来タンパク質を用いたクライオ電子顕微鏡解析によって、ヒストンH3、H4の2種類のみでもヌクレオソーム様構造体が形成されることを世界で初めて明らかにしました
  • 2022/11/02
    行動神経科学研究分野 須藤成俊さん(M2)が第35回日本行動神経内分泌研究会 最優秀発表賞を受賞
    行動神経科学研究分野 須藤成俊さん(M2)が第35回日本行動神経内分泌研究会 最優秀発表賞を受賞しました
  • 2022/10/17
    小林穂高特任講師/さきがけ専任研究員が日本生物物理学会若手奨励賞および国際純粋応用生物物理学連合IUPAB awardを同時受賞
    RNA機能研究分野 小林穂高特任講師/さきがけ専任研究員が日本生物物理学会若手奨励賞および国際純粋応用生物物理学連合IUPAB awardを同時受賞しました
  • 2022/09/29
    分子神経生物学研究分野 Merve Bilgic 特任研究員がThe Transcription, Chromatin, and Epigenetics in Aging ConferenceでBest Poster Certificateを受賞
    分子神経生物学研究分野 Merve Bilgic 特任研究員がThe Transcription, Chromatin, and Epigenetics in Aging ConferenceでBest Poster Certificateを受賞しました

お知らせ
News

PAGE TOP