胡桃坂 仁志 【教授】KURUMIZAKA Hitoshi

略歴:

  • 1985年 愛知県立昭和高校 卒業
  • 1989年 東京薬科大学薬学部 卒業
  • 1991年 東京薬科大学大学院薬学研究科 博士前期課程修了
  • 1995年 埼玉大学大学院理工学研究科 博士後期課程修了(柴田武彦研究室)
        学位取得 博士(学術)
  • 1995~1997年 NIH(米国)博士研究員(Alan P. Wolffe研究室)
  • 1997~2003年 理化学研究所 研究員(横山茂之研究室)
  • 2003~2006年 早稲田大学理工学部 電気・情報生命工学科 助教授
  • 2007年 早稲田大学先進理工学部 電気・情報生命工学科 准教授
  • 2008~2018年 早稲田大学理工学術院 先進理工学部 電気・情報生命工学科 教授
  • 2018年~ 早稲田大学 名誉教授
  • 2018年~ 東京大学 定量生命科学研究所 教授(理学系研究科生物科学専攻)

その他の活動:

  • 早稲田大学 名誉教授
  • 横浜市立大学大学院総合理学研究科 生命医科学科専攻 客員教授
  • 新学術領域研究「動的クロマチン構造と機能」領域代表(2013年~2018年)
  • ERATO「胡桃坂クロマチンアトラスプロジェクト」研究総括(2019年~)
  • Open Biology (The Royal Society Publishing) Editorial Board
  • Scientific Reports (Nature Publishing Group) Editorial Board
  • Genes to Cells (分子生物学会機関誌) アソシエートエディター
  • 日本生化学会 常務理事
  • 日本生物物理学会 代議員
  • 日本蛋白質科学会 代議員
  • 日本分子生物学会 理事、キャリアパス委員会委員長
  • 日本エピジェネティクス研究会 幹事
  • 国立遺伝学研究所 運営会議委員

  • 資格:薬剤師
  • 趣味:ギター
  • 出身:愛知県名古屋市

滝沢 由政 【准教授】TAKIZAWA Yoshimasa

略歴:

  • 2001年 東京薬科大学生命科学部 分子生命科学科 卒業
  • 2006年 横浜市立大学大学院総合理工学研究科 生体超分子システム科学専攻
        博士後期課程修了(柴田武彦研究室) 学位取得 博士(理学)
  • 2006~2007年 早稲田大学先進理工学部 電気・情報生命工学科(胡桃坂研究室) 助手
  • 2007~2009年 早稲田大学先進理工学部 電気・情報生命工学科(胡桃坂研究室) 助教
  • 2009~2011年 Vanderbilt University Medical School(Melanie Ohi Lab) Research Fellow
  • 2011~2014年 Vanderbilt University Medical School(Melanie Ohi Lab) Staff Scientist
  • 2014~2017年 沖縄科学技術大学院大学(Matthias Wolf Unit) Staff Scientist
  • 2017~2018年 沖縄科学技術大学院大学(Matthias Wolf Unit) Group Leader
  • 2018~2020年 東京大学定量生命科学研究所 クロマチン構造機能研究分野 助教
  • 2020年~ 東京大学定量生命科学研究所 クロマチン構造機能研究分野 准教授
  • 2021年~ 東京大学新領域創成科学研究科・メディカル情報生命専攻 准教授

メッセージ:

  • クライオ電子顕微鏡を使えば、生命活動の根幹であるタンパク質複合体の画像を実際に目で見ることができ、細胞内でのタンパク質の機能に思いを描くことができます。 一緒にクライオ電顕で高分解能3次元構造を解析し、生体超分子の機能を解き明かしましょう!

堀越 直樹 【准教授】HORIKOSHI Naoki

略歴:

  • 2009年 早稲田大学理工学部 電気・情報生命工学科 卒業
  • 2014年 早稲田大学先進理工学研究科 電気・情報生命専攻 博士後期課程修了(胡桃坂研究室) 学位取得 博士(理学)
  • 2014~2017年 早稲田大学理工学術院総合研究所 次席研究員
  • 2017~2019年 Stanford University(Soichi Wakatsuki group) Research Fellow
  • 2019~2020年 Stanford University/SLAC National Lab(Cornelius Gati group) Visiting Scientist
  • 2019~2021年 筑波大学生存ダイナミクス研究センター(岩崎憲治研究室)助教
  • 2021年~ 東京大学定量生命科学研究所 クロマチン構造機能研究分野 准教授

メッセージ:

  • クライオ電子顕微鏡技術をはじめとした様々な構造解析技術を駆使して、遺伝子発現制御の構造基盤を解明していきましょう。

松本 翔太 【助教】MATSUMOTO Syota

略歴:

  • 2015年 神戸大学大学院 理学研究科生物学専攻 博士後期課程修了(菅澤薫研究室)
        学位取得 博士(理学)
  • 2013~2015年 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2015年 神戸大学バイオシグナル研究センター 博士研究員
  • 2016~2020年 Friedrich Miescher Institute for Biomedical Research
           Postdoctoral fellow (Nicolas H. Thomä Group)
  • 2020年~ 東京大学定量生命科学研究所 助教

メッセージ:

  • かつて海中の小さな分子であった我々の祖先は、BIG5と呼ばれる五度の大量絶滅を経験し、その度に飛躍的な進化を遂げてきました。 生命科学研究の意義とは、私たちが歩んで来た過去を知り応用することで、生物の永遠なる繁栄への架け橋となることだと考えています。 悠久の人類史の中において生命科学研究は今まさに始まったばかりです。私たちと共に人類最後のフロンティアを開拓して行きましょう。

鯨井 智也 【助教】KUJIRAI Tomoya

略歴:

  • 2018年 早稲田大学大学院 先進理工学研究科 博士後期課程修了(胡桃坂研究室)
        学位取得 博士(理学)
  • 2015~2018年 日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 2018年~ 東京大学定量生命科学研究所 助教

メッセージ:

  • 生命科学分野の発展は著しく、日々驚くことばかりでとても刺激的です。興味のある方は是非一緒に研究しましょう!

佐藤 祥子 【助教】SATO Shoko

略歴:

  • 2005年 東北大学大学院農学研究科 栄養学分野 博士後期課程修了(駒井三千夫研究室)
        学位取得 博士(農学)
  • 2005~2011年 東北大学大学院 医学系研究科 研究員(山本雅之研究室)
  • 2011~2017年 東京理科大学基礎工学部 生物工学科 助教(三浦成敏研究室)
  • 2017~2018年 早稲田大学理工学術院 助教
  • 2018~2022年 東京大学定量生命科学研究所 特任助教
  • 2022年~ 東京大学定量生命科学研究所 助教

メッセージ:

  • 気持ちも新たに、研究を楽しみたい!よろしくお願いします。

ダッシェ マリコ 【特任研究員】DACHER Mariko

略歴:

  • 2012年   パリ第7大学
          Denis Diderot University-Pasteur Institute Paris, France PhD取得
  • 2015~2017年 JSPSリサーチフェロー
  • 2017~2018年 早稲田大学理工学術院
  • 2018年~ 東京大学定量生命科学研究所 特任研究員

メッセージ:

  • 研究は、最初はピンとこなかったけれど、やればやっていくほど深みが増しておもしろくなってきます。海外にもたくさん行けます!おすすめです。

田中 大貴 【特任研究員】TANAKA Hiroki

略歴:

  • 2020年 早稲田大学大学院 先進理工学研究科 博士後期課程修了(胡桃坂研究室)
        学位取得 博士(理学)
  • 2018~2020年 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2020年~ 東京大学定量生命科学研究所 特任研究員

メッセージ:

  • X線結晶構造解析とクライオ電子顕微鏡を使って、新規のクロマチン構造を明らかにしましょう!!

西村 正宏 【特任研究員】NISHIMURA Masahiro

略歴:

  • 2017年 早稲田大学 先進理工学部 電気・情報生命工学科卒業
  • 2019年 早稲田大学大学院 先進理工学研究科 修士課程修了(胡桃坂研究室)
  • 2022年 東京大学大学院 理学系研究科 博士後期課程修了(胡桃坂研究室)
        学位取得 博士(理学)
  • 2019~2022年 日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 2022年~ 東京大学定量生命科学研究所 特任研究員

メッセージ:

  • 生命科学研究から日々、新発見が生まれています。胡桃坂研で一緒に最先端研究に取り組みましょう!

平野 里奈 【特任研究員】HIRANO Rina

略歴:

  • 2017年 早稲田大学 基幹理工学部 電子物理システム学科卒業
  • 2019年 早稲田大学大学院 先進理工学研究科 修士課程修了(胡桃坂研究室)
  • 2022年 東京大学大学院 理学系研究科 博士後期課程修了(胡桃坂研究室)
        学位取得 博士(理学)
  • 2022年~ 東京大学定量生命科学研究所 特任研究員

メッセージ:

  • クライオ電子顕微鏡や質量分析などの最先端の技術を使って、生命現象を司るクロマチン構造を明らかにしてみませんか!?

武田 泰子 【技術専門職員】TAKEDA Yasuko

略歴:

  • B.A. in Biophysics, Johns Hopkins University

メッセージ:

  • 研究支援業務に従事しています。

根岸 瑠美 【技術専門職員】NEGISHI Lumi

略歴:

  • 2012年 名古屋大学大学院工学研究科・博士(工学)取得(美宅成樹研究室)
  • 2009~2013年 東京工業大学大学院生命理工学研究科・研究生(林宣宏研究室)
  • 2013~2018年 東京大学分子細胞生物学研究所/定量生命科学研究所・博士研究員/特任助教
  • 2018年~ 東京大学定量生命科学研究所・技術職員/技術専門職員

メッセージ:

  • プロテオミクスを専門としています(日本分析化学会認証LC/MS分析士二段 )。 新しい技術や困難な解析にも挑戦し、遺伝子発現機構の解明に貢献していきたいです。

飯倉 ゆかり 【学術専門職員(ラボマネージャー)】IIKURA Yukari

略歴:

  • 2012年 東京理科大学大学院基礎工学研究科 生物工学専攻 博士前期課程修了(三浦成敏研究室)
  • 2012~2015年 理化学研究所 テクニカルスタッフ(柴田武彦研究室・侯召民研究室)
  • 2015~2018年 早稲田大学理工学術院 研究助手
  • 2018年~ 東京大学定量生命科学研究所 学術支援職員
  • 2021年~ 東京大学定量生命科学研究所 学術専門職員

メッセージ:

  • 楽しいことが好きな人、是非一緒に実験しましょう。

伊藤 友子【学術専門職員】ITO Tomoko

略歴:

  • 1998~2011年 社)農林水産先端技術研究所 研究員
  • 2011~2017年 東京大学大学院 農学生命科学研究科 食品生物構造学研究室 技術補佐員、特任研究員
  • 2017~2021年 東京大学大学院 農学生命科学研究科 養生訓を科学する医食農連携寄附講座 特任研究員
  • 2021年~ 東京大学定量生命科学研究所 学術専門職員

メッセージ:

  • お互いに切磋琢磨して活気のある研究室です。一緒にがんばりましょう!

小笠原 光雄 【学術専門職員】OGASAWARA Mitsuo

略歴:

  • 1987年 工学院大学工学部 電気工学科 卒業
  • 1989年 工学院大学大学大学院 工学研究科 電気工学専攻 修士課程修了(金谷光一研究室)
  • 1989~2000年 株式会社日立製作所
  • 2000~2010年 株式会社日立ハイテクノロジーズ
  • 2012~2016年 東京大学分子細胞生物学研究所 技術補佐員
  • 2020年~ 東京大学定量生命科学研究所 学術支援職員
  • 2021年~ 東京大学定量生命科学研究所 学術専門職員

メッセージ:

  • クライオ電子顕微鏡の保守に従事しています。

加藤 淳子 【学術専門職員】KATO Junko

略歴:

  • 20XX~2017年 東京工業大学 生命理工学研究科 半田研→山口研 技術員
  • 2017~2018年 (株)理研免疫再生医学 研究員
  • 2018年~ 東京大学定量生命科学研究所 学術支援職員
  • 2021年~ 東京大学定量生命科学研究所 学術専門職員

メッセージ:

  • ラボのメンバーは研究熱心でありながらも和やかで、良い雰囲気の中で研究できると思います。

小林 由紀 【学術専門職員】KOBAYASHI yuki

略歴:

  • 2012年~ 東京大学大学院薬学系研究科有機合成化学教室
  • 2022年~ 東京大学定量生命科学研究所 クロマチン構造機能研究分野

メッセージ:

  • コツコツ頑張ります。

曽川 千鶴 【学術専門職員】SOGAWA Chizuru

略歴:

  • ~2000年 人生いろいろ期
  • 2006年 岡山大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了
  • 2006~2013年 放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター
  • 2013年 博士(論文・学術)
  • 2013~2015年 The Jackson laboratory
  • 2015~2017年 テクノプロ株式会社@アステラス製薬つくば研究所
  • 2017~2020年 学術振興会特別研究員(PD)@東京大学農学部獣医薬理学教室
  • 2020~2021年 東京大学アイソトープ総合センターおよび理化学研究所脳科学神経研究センター
  • 2021年~ 東京大学定量生命科学研究所 学術専門職員

メッセージ:

  • Smile!

深谷 佑紀 【学術専門職員】FUKAYA Yuki

略歴:

  • 2007年 北海道大学環境科学修士修了

メッセージ:

  • 楽しい方たちと仕事ができて嬉しいです。

大角 健 【D4】OSUMI Ken

Profile:

  • 前所属先:早稲田大学(東京都)
  • ラボ内担当:夏の納会担当
  • 趣味・サークルなど:アメフト、テニス
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    先生のプレゼンが日本一だと思ったから。

畠澤 卓 【D4】HATAZAWA Suguru

Profile:

  • 前所属先:埼玉大学(埼玉県)
  • 趣味・サークルなど:楽器・バンド
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    構造生物学の面白さに魅了されたこと、またラボの方々や雰囲気が好きになり、選びました。

何 承翰 【D2】HO Chenghan

Profile:

  • 前所属先:早稲田大学(東京都)
  • ラボ内担当:撮影係
  • 趣味・サークルなど:カメラ、早稲田写真部
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    inspiration

越後谷 健太 【D2】ECHIGOYA Kenta

Profile:

  • 前所属先:早稲田大学(東京都)
  • 趣味・サークルなど:トランペット
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    遺伝子の発現と制御に興味があったから。

陳 之慧 【D2】CHEN Zhihui

Profile:

  • 前所属先:Keck School of Medicine of USC (南カリフォルニア大学)(アメリカ)
  • 趣味・サークルなど:Drawing, reading, gaming (visual novel games), and cooking
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    From my earlier research experience, I got interested in studying the process of drastic epigenetic landscape change during different stages of a cell life, which has a lot to do with histone modification alterations and transcriptional machinery involvement. Later I am so impressed by the idea of studying this under molecular-level resolution, like taking an actual picture, just as shown from Kurumizaka lab's prestigious publications. I am convinced that the Kurumizaka lab is somewhere I can further unwind the mystery of the interactions between histone modifications, nucleosomes, and transcription.

平井 誠也 【D2】HIRAI Seiya

Profile:

  • 前所属先:兵庫県立大学(兵庫県)
  • ラボ内担当:ホームページ担当
  • 趣味・サークルなど:旅行
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    生命の根幹に原子分解能で迫る日本一の研究室だと思ったから。

赤津 綜隆 【D1】AKATSU Munetaka

Profile:

  • 前所属先:三重大学(三重県)
  • ラボ内担当:コンピ担当、ゴミ当番
  • 趣味・サークルなど:サッカー、読書
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    クライオ電顕でのタンパク質立体構造解析の研究に憧れていたから。

福島 友太郎 【D1】FUKUSHIMA Yutaro

Profile:

  • 前所属先:早稲田大学(東京都)
  • ラボ内担当:ホームページ担当
  • 趣味・サークルなど:テニス、カラオケ、釣り、ドライブ etc
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    高校生の頃に胡桃坂先生の講演でエピジェネティクスのお話を聞いて心に残ったから。研究室で培われたcryo-EM構造解析技術とクロマチン再構成技術の組み合わせに大きな可能性を感じたから。 etc

大井 茉祐子 【M2】OI Mayuko

Profile:

  • 前所属先:東京農工大学(東京都)
  • ラボ内担当:ホームページ担当
  • 趣味・サークルなど:テニス、三味線
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    遺伝子発現に関して構造の側面から研究をしたかったから。

大畑 健太 【M2】OHATA Kenta

Profile:

  • 前所属先:東京大学(東京都)
  • ラボ内担当:クリスマスパーティー幹事
  • 趣味・サークルなど:映画、ディズニー
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    胡桃坂先生と研究室の雰囲気に一目惚れしたから。

塩井 琢郎 【M2】SHIOI Takuro

Profile:

  • 前所属先:早稲田大学(東京都)
  • 趣味・サークルなど:ピアノ
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    クライオ電顕、クロマチン、エピジェネティクスに興味があったから。

須賀 遼 【M2】SUKA Ryo

Profile:

  • 前所属先:早稲田大学(東京都)
  • ラボ内担当:夏の納会担当
  • 趣味・サークルなど:サッカー観戦 音楽鑑賞(織田哲郎) ギター(見習い)
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    エピジェネティクスという学問に衝撃を受けたから

野澤 朋矢 【M2】NOZAWA Tomoya

Profile:

  • 前所属先:早稲田大学(東京都)
  • 趣味・サークルなど:散歩・合氣道
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    生物学の面白さを胡桃坂先生から感じたから。

前野 早良 【M2】MAENO Sarara

Profile:

  • 前所属先:兵庫県立大学(兵庫県)
  • ラボ内担当:コンピ担当、研究室旅行担当
  • 趣味・サークルなど:歌うこと、旅行、遊園地巡り(ジェットコースターが大好き)、料理
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    4歳の時から見ていたガンダムSEEDの影響で、ずっと遺伝子発現や生殖に関する研究をしたいと思っていた。また、大学時代から某大手フイルム会社で働きたいと考えるようになり、将来を見据えてイメージング技術を用いたいと考えるようになった。この2つを両方満たせる上に、のびのびと研究ができる唯一無二の研究室はここだと感じたから。

大石 匠美 【M1】OISHI Takumi

Profile:

  • 前所属先:東京理科大学(東京都)
  • ラボ内担当:ゼミ当番
  • 趣味・サークルなど:アメリカンフットボール
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    胡桃坂先生を面白いと思ったから

木村 友昭 【M1】KIMURA Tomoaki

Profile:

  • 前所属先:早稲田大学(東京都)
  • 趣味・サークルなど:ゲーム
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    早稲田時代に胡桃坂先生からエピゲノムの話を聞き、強く興味を惹かれたから

許 文杰 【M1】XU Wenjie

Profile:

  • 前所属先:千葉大学(千葉県)
  • ラボ内担当:ホームページ担当
  • 趣味・サークルなど:テコンドー、空手、ストリートダンス、ギター
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    「毎日がPCR」の歌が好きなので

三宅 諒祐 【M1】MIYAKE Ryosuke

Profile:

  • 前所属先:早稲田大学 (東京都)
  • ラボ内担当:夏の納会担当
  • 趣味・サークルなど:サッカー観戦、フットサル・早大 理工展
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    胡桃坂先生の授業が魅力的だったから

山本 京香 【M1】YAMAMOTO Kyoka

Profile:

  • 前所属先:早稲田大学(東京都)
  • ラボ内担当:クリスマスパーティー幹事
  • 趣味・サークルなど:ドラマを見ること、アイドルを推すこと
  • 胡桃坂研を選んだ理由:
    高校の時に聞いた胡桃坂先生の講義を聞いて以来、いつかは胡桃坂先生の元で研究がしてみたいとずっと考えていたから。

主な就職先

  • 2013年度~2021年度卒業生

電気機器・情報機器

  • ソニー、日立製作所、古河電気工業、三菱電機

機械・重工・プラント

  • いすゞ自動車、デンソー、トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、三菱重工業

情報通信サービス・ソフトウェア

  • NECソリューションイノベーター、新日鉄住金ソリューションズ、日本アイ・ビー・エム・ビズインテック

医薬・化学・食品

  • 旭化成ファーマ、アストラゼネカ、アステラス製薬、東洋新薬、カネカ、タカラバイオ、コスモ・バイオ、積水化学工業、富士フイルム、ユニカフェ、リンガーハット、日清食品

金融・商社・コンサルティング

  • デロイトトーマツコンサルティング、野村総合研究所、日立ハイテクノロジーズ

メディア

  • 静岡新聞社・静岡放送

教育・研究・公務員

  • 東京大学、東京都庁、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)、豊島岡女子学園、鳥取県警察

その他

  • LIXIL